様々な効果が期待できます|混合廃棄物を処分する作法を知って地球を守ろう

混合廃棄物を処分する作法を知って地球を守ろう

メンズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

様々な効果が期待できます

メンズ

イメージアップになります

産廃処理は、都道府県知事により許可された、処理業者によって行われています。近年、最終処分場の確保の難しさや、環境への悪影響も懸念されており、産廃の削減が急務とされています。対策としては、産廃選別などを行い、再生可能な資源としてリサイクルできるものを分別し、産廃の量を減らそうとしています。環境への意識の高まりにより、産廃を排出する企業も、環境対策に力を入れている処理業者を評価するようになりました。そのような中間処理業者では、産廃選別などの処理をしていますが、場合によっては選別を手作業で行なうなど、徹底した選別を行います。さらに、焼却熱を回収して利用するなど、環境に配慮した設備を積極的に導入しています。

どのように行なうべきか

マンションや住宅の建築や解体では、多くの産廃が発生しています。これらの現場では、産廃の処理を業者に依頼するのですが、コストが問題となります。産廃の処理費用は、種類の他に、容積や重量によっても決まります。さらに、中間処理業者で産廃選別が必要な場合は、その選別処理をするために、余計なコストが必要になります。したがって、現場で産廃選別をしたほうが、コストは下がるのですが、建築資材は、様々な材料を組み合わせて製造されおり、見た目で判断できないものも多いです。そのため、現場で完璧に産廃選別することは現実的ではありません。産廃選別できる量が何割か増やせれば、その効果は現れますので、可能な限り産廃選別を行ない、無理なものは処理業者に任せましょう。