産業廃棄物を減らす取組|混合廃棄物を処分する作法を知って地球を守ろう

混合廃棄物を処分する作法を知って地球を守ろう

メンズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

産業廃棄物を減らす取組

工事

産廃が利益を縮める

産業廃棄物処理は、企業にとって常に頭の痛い問題です。企業活動をしていれば、大なり小なり産業廃棄物は排出されます。特に製造業にとっては、産業廃棄物処理が大幅に利益を縮めるということもあり得ます。原材料仕入れの半分以上の産業廃棄物処理料金が掛かれば、儲けが無くなるとまで言われています。また、製造業でなくとも産業廃棄物は存在します。毎日のように出る大量の紙ごみや施設設備から出るごみも産廃に分類されます。今、多くの企業が産業廃棄物処理の費用をゼロにする取り組みを始めています。自社にとってはごみとなる物を他社の資源とする活動も推し進められています。また、自治体を取り込んだ産業廃棄物処理も一般的になってきました。

リサイクルの進め

産業廃棄物を上手に処理することで、企業の利益を増やすと共に、環境企業として世間にアピールする例も増えてきました。環境企業としてのお墨付きをもらえれば、優良企業としての地位も高まります。ごみを減らし、その経費を削減して、社会アピールも実現できる一石三鳥の取り組みでもあります。その方法として最も一般的なやり方は、産廃をリサイクルするというものです。埋め立てごみに回さずに、他の産業の資源として利用できる道を探ることで、産廃に掛かる費用をゼロにすることができます。また、産廃がそのまま資源として流通すれば、逆に収入を得る道にもなります。そして、リサイクルを推進することで、環境基準を達成すれば国際規格の取得にも繋がります。産業廃棄物処理の方法一つで、企業の地位も向上するのです。