混合廃棄物を処分する作法を知って地球を守ろう

女性
このエントリーをはてなブックマークに追加

厳格な法律

作業員

できるだけ出さない方向へ

社会が円滑に進んでいくためにはゴミ排出は避けられません。問題はいかに責任の所在をはっきりとさせ、各々の遵法精神や倫理観に期待することになります。現在もっとも廃棄物が出るものの一つに、建物の解体などがあります。解体後はかなりの廃棄物が出ますが、以前まではすべてをぐちゃぐちゃに解体する、いわゆるミンチ解体でした。そこでは大量の混合廃棄物が生まれますが、その後法整備が行なわれ、分別して解体することが義務となりました。混合廃棄物はできるかぎり出さないほうが環境にも良く、リサイクル等で利用できるものは処理を行なわない方向性も生まれています。もし混合廃棄物が出た場合は、処理許可を持つ業者に委託する必要があります。

知っておかないといけない

先述しましたが、責任の所在はとても重要なことです。ですから業者にはマニフェスト伝票を発行することが義務付けられています。ここで気になるのは、発行する数です。家電などいろいろ混じった混合廃棄物の処理を依頼するときは、これは一部でかまいません。しかし、もし途中で家電を分解し、金属やプラスチックなどに分けた場合、これはそれぞれに発行する必要があります。基本的に運搬ごとに一部発行することになっていますが、たとえば一台の運搬車が同会社の各支店を回るときは、それぞれで発行しなければなりません。このように混合廃棄物の処分については、法律で厳格に定められており、違反した業者には重い刑罰がかけられます。重々肝に命じておきましょう。

様々な効果が期待できます

メンズ

産廃選別は、産廃の排出量や、処理費用を削減するのに役立ちます。ただし、産廃選別を中間処理業者などに依頼すると、産廃の量が多いほど、料金も高くなります。したがって、建築現場などでは、可能な範囲で産廃選別をしてから、処理業者に渡すなどの対策が必要です。

産業廃棄物を減らす取組

工事

企業にとって産業廃棄物処理は頭の痛い問題です。処理にお金が掛かれば、会社の利益が減ることになります。それを改善するためには、リサイクルを進めて、排出するごみを資源のレベルまで押し上げることが重要です。資源化が上手くいけば、産廃が収入を生むこともあります。

適正に処理するために

重機

一般廃棄物には、家庭系と事業系の2種類がありますが、さいたま市で回収処分しているのは、家庭系だけです。事業系や、家庭の一時多量ごみは、さいたま市の収集運搬許可業者に依頼する必要があります。業者により、対応できる一般廃棄物の種類が限定されてる場合もありますので、事前に確認して適正に処分します。